TEX加藤氏著書


TEX加藤氏は大学卒業後、20年間企業務めをした後、2009年にTOEIC講師に転身。
手取り足とりという表現がピッタリくる非常に丁寧な内容が著書の特徴。
設問解説だけでなく、テストの申込み方法からきっちりと紹介する著書内容は、初級レベルの生徒を年間1000人近く教える現場経験をベースにしたもの。
著書内ではコラムもところどころ挟まれTOEICが題材の読み物としても楽しく読むことができます。
飽きやすい人におススメしたい教材ですね。

新TOEICTEST入門特急とれる600点(朝日新聞出版)がオススメ。
初級から990点を目指す超上級者までは、新TOEICTEST模試特急200問一本勝負、1駅1題新TOEICTEST読解特急、新TOEICテストBEYOND990最上級問題+プロの極意、990点満点講師はどのようにTOEICテストを解いているか、の著書もおススメです。
実際の授業を聞いているような語り口調の解説文がわかりやすいと評判!

TEX加藤さんのココがすごい
著書の随所に飽きずに読ませる工夫あり

著書アイコンや閑話休題コラムが挟まれていたりと、とにかく楽しみながらTOEIC学習が進められるのが特徴。
退屈になりがちな教材での学習も、かえってメリハリがつき、集中力野アップにつながりやすい。

授業の実況中継のような語り口調が分かりやすい

著書にもよるが、解説文は実際に授業を受けているような語り口調がベース。
そのため頭にスッと吸収しやすく、あとから読み返す際も内容を思い出しやすい。
通勤途中や空いた時間に手軽に読み進められるメリットは大きい。

問題分析はシンプルかつ重要なところだけ

問題分析は情報量をあまり詰め込まず、重要なところだけをピックアップされているため内容が把握しやすい。そのほか、集中力維持のテクニックや読解の進め方など、実践テクニックも多く紹介しています。


関連記事


キーワード