英会話教材評判と比較 > こども英会話 > 4~7歳向け子ども英語教材

4~7歳向け英語の読み書きできる英会話スクール

4~7歳はこれまでインプットしてきた英語を思いきりアウトプットする時期で、特に5歳の1年間は小学校入学前にどっぷり英語漬けにできる最後のチャンス!
親から離れて、子ども同士のコミュニケーションが楽しくなる年代でもあります。

そこで条件が許せば、オススメしたいのが、小学校入学前のプリスクールへの通園です。
幼稚園で経験するすべてのことを英語で行うのです。
ただし、プリスクールと名がついてもレベルは色々。
本気で効果を出したいなら日本語を一切使わない、日本語禁止が徹底したところを選びましょう。

学習塾の公文も幼児の英語学習に力を入れています。
公文の教材(月6480円)で英語の読解・文法を学ばせ始めると会話力の向上にも大いにつながります。
この時期に英語教育を始めても決して遅すぎることはありません。

子どもは吸収が早いので、その子のやる気と親の手の掛け方次第では0~3歳から始めた子にすぐ追いつくことも可能です。

4~7歳の教育にかかる値段は、約23万円~約120万円
プリスクールに行くか行かないかの差が大きく影響します。発話、発音、文法等英語でのコミュニケーションがそこそこできている子どもなら、年長の1年間だけ通わせてみては?
70万~120万円かかりますが、新たな発見があるかも。

英会話の遅れを取り戻せる本格的な英会話スクール

01位

子ども英会話ペッピーキッズクラブ
CHECK→全国1300教室、9万人の子どもが通う教室
  • ネイティブと日本人講師による熱心指導!
  • 英語の遅れを取り戻せる発音習得方法も充実
  • 無料体験レッスン受付中!
価格 評価 備考
無料体験受付中円 ★★★★☆ 全国
Point!

この年齢は英語漬けにできる最後のチャンスです。バイリンガルの下地を作るなら、自分や子供に甘い家庭は英会話スクールがおすすめ。仲間とグループレッスンもできるので、挫折もないし、英語のレベルは間違いなく上がります。ご家庭で使えるオリジナル教材と教室でのグループレッスンで、 子ども達の“英語耳”を育てます。


関連記事


キーワード